島田裕巳氏講演会「葬式はいらない!?」7月28日開催

葬式本のベストセラー作家である島田裕巳氏の講演会「葬式はいらない!?〜世界一お金がかかる日本の葬式の裏側」を2018年7月28日に瑞岩寺本堂にて開催いたします。

 

当たり前のようで謎だらけのお葬式
なぜ日本は”世界一"葬儀費用が高いのか?
そもそも戒名とは何なのか?
新しい形式、樹木葬や直葬、宇宙葬って何?
実はよく知られていない葬式についての意外な真実や裏側を大公開。
これからの葬式で何が必要で必要ないのかを見極めるヒントが盛りだくさんです。


講演会概要

島田裕巳氏プロフィール

1953年東京生まれ。

東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。

現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。


学生時代に宗教学者の柳川啓一に師事し、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点から宗教現象を分析することに関心をもつ。大学在学中にヤマギシ会の運動に参加し、大学院に進学した後も、緑のふるさと運動にかかわる。

 

雑誌『80年代』の立ち上げにも参加する。
大学院では、コミューン運動の研究を行い、医療と宗教との関係についても関心をもつ。放送教育開発センターの時代には、放送教育、遠隔教育の研究にも従事する。日本女子大学では宗教学を教える。


大学退職後は著述に専念し、その傍ら劇作にも挑戦し、2作が上演される。2作とも現代を代表する役者、若き日の堺雅人が出演した。


主な著書に、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』、『葬式は、要らない』、『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)などがある。とくに、『葬式は、要らない』は30万部のベストセラーになる。


宗教美術についての通史『日本宗教美術史』(芸術出版社)、映画について論じた『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、はじめての小説作品『小説日蓮』(東京書籍)、生まれ順による相性について解説した『相性が悪い!』(新潮新書)などもあり、カバーする領域は広い。『プア充』(早川書房)、『0葬』(集英社)などは、大きな話題になるとともに、タイトルがそのまま流行語になった。

チラシダウンロード

shimada180523.pdf
PDFファイル 2.9 MB

FAX申込用紙ダウンロード

shimada-ura180518_2.jpg
JPEGファイル 149.6 KB