「月例法話会・坐禅会・授戒式」の申し込み

「月例法話会・坐禅会・授戒式」への参加をご希望の方は、以下の申込みフォームに必要事項を記入して送信してください。

なお、在家授戒式(仏弟子となること)にご参加の方のみ、諸費用20,000円(二字戒名恩金、血脈、輪袈裟代)が必要になります。

 

戒名とは本来「仏教徒として定められた戒めを守ります」という約束が成立した段階で授与される仏弟子としての称号です。その約束をするため、生前に同じ信仰を持ち、その信仰に基づいて生きようとする人々で、しかも徳の高いお坊さんの指導のもとに一定期間の「授戒会」という定められた修行を行い、そのなかで仏への帰依を確立するのです。「戒」とは自分で決めて守っていくもので、日常の行動をしやすいようによき習慣となっていくものです。そしてそれが成就されたときに授けられるものが戒名です。大乗仏教で守るべき代表的な戒は5つ。不殺生戒(殺すことなかれ)・不偸盗戒(盗むことなかれ)・不邪婬戒(犯すことなかれ)・不妄語戒(嘘をつくことなかれ)・不飲酒戒(酒に飲まれるなかれ)であり、これが仏教徒として清浄な生活をする規範となります。

 

道元禅師さまもこう仰られております。

「ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいへになげいれて、仏のかたよりおこなわれて、これにしたがいもてゆくとき、ちからをもいれず、こころをもついやさずして、生死をはなれ、仏となる」(正法眼蔵「生死の巻」)と。

 

仏道を学んだからといって「苦しみ」がなくなるわけではありませんが、「苦しみ」なくなるのです。一緒に仏道を歩んで参りましょう。人生になることでしょう。合掌

「仏の十戒」ダウンロード

仏の信条「習慣にしよう」
仏の信条「習慣にしよう」.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 40.9 KB

お申込みメールフォーム

メモ: * は入力必須項目です

0276-37-1231