寺子屋ライブの有料音声データ2

素敵なゲストを瑞岩寺にお招きし、講演をしていただく寺子屋ライブの有料音声データです。

デジタルデータをダウンロードできますので、パソコンやタブレット、携帯音楽プレイヤーや携帯電話などでも手軽に楽しむことができます。

他では聴くことができない貴重なお話の数々ですので、ぜひご活用ください。

 

講演者のご紹介

★写真をクリックすると、詳細ページに移動します。

★そのページで音声データを購入することも可能です。

vol.16 白駒妃登美氏『歴史が教えてくれる日本人の生き方』

販売価格:3,000円(税込)

テレビやメディア、書籍も沢山出され、年間200回以上もの講演をされている“博多の歴女”で有名な白駒妃登美さまに『歴史が教えてくれる日本人の生き方』と題してご講演いただきました。日本人に生まれて良かったと思える感動的なお話です。

是非、お聴きください。


<プロフィール>

1964年、埼玉県生まれ。

福岡市在住。

幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だち のように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。

卒業後、日本航空に勤務し、1992年には宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活動中に、大病を患う。命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。生き方を変えたことで奇跡的に病状が快復。  

 

2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。全国各地での講演・メディア出演依頼は年間200回におよぶ。子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。  

 

主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。天皇陛下御即位三 十年奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授をつとめる。

 

【著書】

“人生に悩んだら「日本史」に聞こう”~幸せの種は歴史の中にある~(祥伝社)

“感動する! 日本史”~日本人は逆境をどう生きたか~(KADOKAWA)

など多数

vol.15 川野泰周氏『マインドフルネスで育む健やかな心』

販売価格:3,000円(税込)

2019年3月2日に瑞岩寺にて開催された第32回 瑞岩寺寺子屋講演会 川野泰周氏『マインドフルネスで育む健やかな心』の様子を収録した音声データです。

※広い会場で収録していますので、ノイズにより聞き取りづらい箇所もございますが、ご了承願います。


<プロフィール>

川野泰周(かわの・たいしゅう)

臨済宗建長寺派林香寺住職 / RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長
精神保健指定医・日本精神神経学会認定精神科専門医・医師会認定産業医。
1980年横浜市生まれ。2004年慶應義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行。2014年末より横浜にある臨済宗建長寺派林香寺住職となる。現在寺務の傍ら都内及び横浜市内のクリニック等で精神科診療にあたっている。
うつ病、不安障害、PTSD、睡眠障害、依存症などに対し、薬物療法や従来の精神療法と並び、禅やマインドフルネスの実践による心理療法を積極的に導入している。またビジネスパーソン、医療従事者、学校教員、子育て世代、シニア世代などを対象に幅広く講演活動を行っている。著書に『あるあるで学ぶ余裕がないときの心の整え方』(2016年・インプレス)、『悩みの9割は歩けば消える』(2017年・青春出版社)、『脳がクリアになるマインドフルネス仕事術』(2017年・クロスメディアパブリッシング)、『ぷち瞑想習慣』(2018年・清流出版)、『ずぼら瞑想』(2018年・幻冬舎)、『人生がうまくいく人の自己肯定感』(2018年・三笠書房)、『「精神科医の禅僧」が教える 心と身体の正しい休め方』(2018年・ディスカバー21)。共著・監修多数。